ホーム > 市政情報 > 広報 > 甲府大使 > 宮沢和史さん最新情報

更新日:2022年6月20日

ここから本文です。

宮沢和史さん最新情報

miyazawa-saishin

最新情報

NEW「唄方プロジェクト」第2期募集中です

宮沢和史さんが5年弱かけて収集・録音した貴重な沖縄民謡の音源を歌詞・解説書付きのCD-BOXとして製作し「音の教科書」として後世に残すプロジェクト「唄方プロジェクト」が再始動し、製作費のファンディング(寄付)支援を募集しています。

utakataomote

utakataura

2022年7月1日に宮沢和史さん&藤巻亮太さんライブ「おなじ空の下で」が開催されます

山梨日日新聞社が7月1日に創刊150年を迎えることを記念して、甲府市出身の宮沢和史さんと笛吹市出身の藤巻亮太さんが出演する記念ライブ「おなじ空の下で」が、甲府のYCC県民文化ホールで開催されます。

各地で対立が深まり、人々の暮らしが脅かされる状況があるなか、平和と日常のかけがえのなさを考える機会として、山梨日日新聞社が抽選で600人を無料でご招待します。(※現在は応募が終了しています。)

2022年4月28日「沖縄のことを聞かせてください」が刊行されました!

「島唄」の制作・発表から30年、沖縄の島々のことを真摯に学び関わり続けた歳月と、音楽家として計り知れない影響を受けたその歴史や文化への思い、また、「自分の目からは見えない沖縄の姿について話を聞き、沖縄のこれまでとこれからを考えたい」と、20代~90代まで、それぞれの場所で「沖縄」を生きる10人との対談が収録された書籍「沖縄のことを聞かせてください」が刊行されました。

ぜひご覧ください!

2021年12月19日「こうふ開府の日」イベントで甲府大使に!

12月19日甲府市総合市民会館で「こうふ開府の日」イベントが開催され、甲府大使に就任されました!
2019年から「こうふ開府500年記念事業」に多大なるご協力をいただき、記念事業のフィナーレとなったこのイベントで甲府大使に!
イベントでは、こうふドリームキャンパスの「夢の先生」として”500年後の甲府のためにできること”をご講演いただき、三線の弾き語りによる「島唄」と北新小学校吹奏楽部の演奏をバックに「風になりたい」を披露していただきました。
宮沢さん、ありがとうございました!

miyazawa20211219taishiisyoku

miyazawa20211219dori1

miyazawa20211219dori

miyazawa20211219dori2

miyazawa20211219dori3

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市長室情報発信課プロモーション推進係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る