ホーム > 市政情報 > 寄付 > 企業版ふるさと納税

更新日:2022年4月14日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

企業版ふるさと納税

1 制度概要について

企業版ふるさと納税とは

 「企業版ふるさと納税」とは、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して、企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。正式には地方創生応援税制といいます。地方創生の更なる充実、強化に向けて、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、令和2年度に制度が大幅に見直されました。

税制措置の内容

 国の認定を受けた地方創生事業に対して、民間企業が寄附を行う場合、寄附額の6割に相当する額
の税額控除の特例措置がなされます。
 現行の地方公共団体に対する法人の寄附に係る損金算入措置による軽減効果(約3割)と合わせて、
寄附額の約9割に相当する額が軽減されます。

科目ごとの特例措置の内容

(1) 法人住民税
 寄附額の4割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)
(2) 法人税
 法人住民税の控除額が寄附額の4割に達しない場合、寄附額の4割に相当する額から法人住民税の控除額を差し引いた額を控除(寄附額の1割、法人税額の5%が上限)
(3) 法人事業税
    寄附額の2割を税額控除(法人事業税額の20%が上限)

税制措置のイメージ

企業版ふるさと納税 税制措置イメージ

2 寄附にあたっての主な留意事項

・1回あたり10万円以上の寄附が対象となります。
・寄附を行うことの代償として、経済的な利益を受け取ることは禁止されています。
 例:寄附の見返りとして、補助金を受け取る。入札や許認可で便宜を図る など
・企業の本社が所在する地方公共団体への寄附については、本制度の対象となりません。
 (甲府市への寄附については、甲府市外に本社のある企業が対象となります。)
 例:この場合の本社とは、地方税法における「主たる事務所又は事業所」を指します。
・本制度の対象期間は、令和6年度までです。

3 甲府市の取組

 令和2年7月3日、本市の地域再生計画(甲府市まち・ひと・しごと創生推進計画)が内閣府より認定を受けました。これにより、この制度を活用して企業からの寄附を募り、第二期甲府市総合戦略に掲げる取組を推進していくことが可能となりました。

4 寄附を募集する主な事業

(1)甲府で夢を叶える人材の定着と関係・交流人口の増加事業

 甲府市は「まち」の佇まいが大きく変わり、まさに100年に一度の大きな変革の時期を迎えています。この変化をチャンスと捉え、さらなる地域活性化を図り、魅力あるまちづくりを推進します。

(2)甲府を支える地域産業と雇用環境の充実事業

 甲府市は、全国より早く人口減少が始まっており、若者の県外流出に大きな危機感を持っています。コロナ過で生活様式や学生生活が変わり地方暮らしの魅力が再認識される中、産学官で連携し、地元企業等への就業機会の増進を図るとともに、ワークライフバランスに配慮した働く女性の就業支援に取り組みます。
 また、地場産品について、輸出拡大に向けた情報発信や産品ブランド化、輸出体制の強化を図り、地場産業の活性化及び新たな雇用機会を生み出します。

(3)甲府で希望を叶える総合的な子育て・子育ち支援と教育環境の充実事業

 本市の恵まれた環境を生かし、子ども達が身体を動かしながら遊びきる経験ができる環境を提供する施設等に対する支援を行います。
 また、子育て世帯の負担軽減や資源の有効活用を図る中で、子ども自身の健やかな心身をはぐくむと共に親の経済的負担の軽減に取り組みます。

(4)甲府の未来をつなぐ良好な生活環境の整備と持続可能なまちづくり事業

 過去に建設された公共施設が老朽化等により、本市の財政状況は依然厳しい状況となっており、修繕費用の負担が大きな課題となっています。そこで、甲府市の宝物を未来へ継承していくために、修復整備を推進していきます。
 ☆甲府市まち・ひと・しごと創生推進計画(PDF:338KB)

 より詳しい事業につきましては、こちらもご参照ください。

5 寄附の流れ

(1)寄附申込書を市へ提出します。
(2)市が事業を実施し、その年度の事業費が確定した後、納付書を送付します。
(3)企業から市へ寄附金を納付します。寄附金の総額は事業費の範囲内となります。
(4)市が企業へ寄附金の受領証を送付します。
(5)企業が受領証を添えて税額控除を申告します。 

6 これまでの実績

【令和3年度】(敬称略)

・シフトプラス株式会社

本社 :大阪府大阪市西区江戸堀2丁目1番1号
応援事業名 :「子ども応援」分野 おしろらんど(子ども屋内運動)遊び場事業
寄附使い道 :「おしろらんど」の「エアトラック」や「ビックブロック」といった、遊具やエアーマットのほか、ベビーチェア等を購入する費用に充て、子供たちの笑顔があふれる運動施設づくり
企業様からのコメント :
シフトプラス株式会社は、全国の自治体でふるさと納税システムなどの構築や管理運営を行っている会社です。本社こそ大阪ではありますが、全国各地にある営業所などでは、地元に住んでいる方を採用させていただき、その地域を活性化するお手伝いをするため、地域に密着した企業を目指しております。また、社員が働きやすい職場環境を重視しており、特に子育てなど女性の働きやすい職場をつくることに努めています。こうしたことから、おしろらんどを応援させていただきます。

 junoushiki1

左:樋口甲府市長
右:中尾社長

junoushiki-3   

左から有本法務部長、樋口甲府市長、中尾社長、長坂山梨営業所長

junoushiki4

(令和3年11月19日に実施された受納式の様子です。)

 

・藤精機株式会社

本社 :山梨県中巨摩郡昭和町築地新居1648-7
応援事業名 :時空を超えて『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼント~湯村山のろし台復活プロジェクト~
寄附使い道 :湯村山にのろし台の再建と、のろし台整備に伴う関連事業へ使わせていただく予定です。
企業様からのコメント:
藤精機株式会社は、事業所の所在地こそ市外ではありますが、甲府市徳行で創業し、精密加工から大型重量物、試作対応から量産製品など、あらゆるニーズを長年にわたり積み上げた総合精密貴金属加工の技術を持った事業所です。多様性を重視し、女性や外国人を積極的に雇用、登用し、地域に誇れる企業を目指しています。この度、甲府市の湯村山へのろし台を復活させる事業に賛同し、微力ではあるものの応援させていただきます。

1-18junoushiki1

1-18junoushiki2

1-18junoushiki3

左:新藤代表取締役
右:樋口甲府市長

(令和4年1月18日に実施された受納式の様子です。)

 

・株式会社いちやまマート

本社 :山梨県中央市若宮50−1
応援事業名 :時空を超えて『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼント~湯村山のろし台復活プロジェクト~
寄附使い道 :湯村山にのろし台の再建と、のろし台整備に伴う関連事業へ使わせていただく予定です。
企業様からのコメント:
本日はこのような式を開催していただき、誠にありがとうございます。武田家にゆかりのある、のろし台を再建する事業につきまして、我々も賛同し、微力ながら応援させていただきます。株式会社いちやまマートは、甲府市に4店舗のスーパーを出店しております。これからも、甲府市の様々な事業につきまして、ご協力させていただけたらと思います。

いちやまマート様1

いちやまマート様2

左:三科代表取締役社長
右:樋口甲府市長

いちやまマート様3

左から大﨑総務部長、三科代表取締役社長、樋口甲府市長

(令和4年2月2日に実施された受納式の様子です。)

 

・信金中央金庫

本社 :東京都中央区八重洲1丁目3番7号
推薦者 :山梨信用金庫、甲府信用金庫
応援事業名 :甲府市・小江戸甲府 城下町整備事業
寄附使い道 :「お城がつなぐまち 甲府城周辺地域」をコンセプトとして、お城がまちのシンボルとなり、お城を中心にまちと人、人と人がつながり、様々な交流を通じてに賑わいを取り戻すことで、新たな文化を想像するまちの構築を目指すために活用いたします。
企業様からのコメント:
創立70周年事業である地域創生推進スキーム「SCBふるさと応援団」は、SDGsをふまえて企業版ふるさと納税を行うことで、地域の課題解決・持続可能な社会の実現に向けた地域創生事業を、地元の信用金庫とともに応援して、地域経済社会に貢献することが目的です。今回申請いただいた事業は、都市機能が集積する持続可能な市街地を形成することを目的としていることから、SDGsの実現への貢献度が高く、地域創生にとって有益な事業となると思慮しております。両信用金庫を通して側面的なサポートをしていきたいと考えています。

推薦者(山梨信用金庫)様からのコメント:
この度の寄附が決定され嬉しく思います。地域あっての信用金庫であるため、地域の住民や企業のニーズにしっかりとお応えし、地域の創造と発展に微力ながら寄与することで、多くの市民と企業との持続的な成長を実現していきたいです。これからも地域に寄り添い、行政・関係機関との連携を密に図りながら、自分たちにできる最大限の努力をしていきたいと思います。

推薦者(甲府信用金庫)様からのコメント:
私たちは地域金融機関のため、地域社会・地域経済の発展が究極の事業目的です。そのため、甲府市が進める地域創生事業をSCBふるさと応援団の対象事業として推薦しました。長引くコロナ禍で、地域社会・地域経済は疲弊し、多くの課題を抱えています。今後、県内の2金庫が連携を高め、地域社会・地域経済の課題解決と更なる発展に向け取り組んでまいります。

2-24-1

2-24-2

左:浅沼関東営業第1部長
右:樋口甲府市長

2-24-4

左から小田切理事長(甲府信用金庫)、浅沼関東第1営業部長、樋口甲府市長、五味理事長(山梨信用金庫)

(令和4年2月24日に実施された受納式の様子です。)

 

・ミスターデイク株式会社

本社:山梨県甲府市国母7丁目5−9

寄附使い道:「子ども応援」分野

企業様からのコメント:

甲府市で事業を営み、何らかの形で喜んでいただける貢献ができないかと考えておりましたが、今回事業継承にあたり、企業様とのご縁があり、甲府市からお話を頂いてこのような機会になりましたことは、大変光栄でございます。これから更にお客様、それから地域・社会の皆様にいろいろな形で喜んで頂きたいです。本日は本当にありがとうございました。

3-2-2

左:大屋代表取締役、右:樋口市長

・株式会社NEXTAGE GROUP

本社:東京都港区港南2−16−1 品川イーストワンタワー5階

寄附使い道:「子ども応援」分野

企業様からのコメント:

本日はありがとうございます。今回このプロジェクトを聴いた際、我々として微力ながらも未来を担う子供たちのために少しでも支援できればという思いで、甲府市の志・想いに賛同いたしました。まだまだ微力ではありますが、これを皮切りに、これからも末永く貢献してゆきたいと思います。私にとって甲府は第二のふるさとという風に考えております。引き続き甲府市に貢献できるよう、邁進して参りますのでよろしくお願いいたします。

3-2-3

左:佐々木代表取締役、右:樋口市長

 

・株式会社サーチファンド・ジャパン企業 

本社:東京都千代田区丸の内1丁目8−2 鉄鋼ビルディング 24階

寄附使い道:「子ども応援」分野

企業様からのコメント:

この度はありがとうございます。弊社は経営者を目指す優秀な方が、中小企業を事業承継する、そして我々投資家が支えるという仕組みで成り立っています。地域の企業様を元気にしていく活動を志してやっておりますが、地域と一緒に、周りの関係者の皆様と成長していきたいと思っておりますので、今回の寄附はその小さな一歩だと思っております。今後とも宜しくお願いいたします。

3-2-4

左:伊藤代表取締役、右:樋口市長

 

・株式会社M&Aセンター

本社:東京都千代田区丸の内1−8−2 鉄鋼ビルディング24階

寄附使い道:「子ども応援」分野

企業様からのコメント:

当社では企業の存続と発展に貢献するという企業理念のもと、事業活動そのものを社会的責任と捉え、尽力して参りました。今後さらなる地域社会の貢献を果たすべきと考えておりました。この度は、各企業様の熱い気持ちに共感し、ささやかですが寄附をさせていただきます。希望に満ちた甲府市の子どもたちの支援にお役立て頂ければと思います。このような機会を与えてくださり、感謝いたします。

 

3-2-1

左:岡崎様、右:樋口市長

 

3-2-9

3-2-12

左から、岡崎様、伊藤代表取締役、大屋代表取締役、樋口市長、佐々木代表取締役、篠田専務取締役

(令和4年3月2日に実施された受納式の様子です。)

 

・株式会社GSTV

本社 :東京都品川区東品川2-2-43 T2号棟1階
応援事業名 :時空を超えて『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼント~湯村山のろし台復活プロジェクト~
寄附使い道 :湯村山にのろし台の再建と、のろし台整備に伴う関連事業へ使わせていただく予定です。
企業様からのコメント:
本日は、お招きいただきましてありがとうございます。私たち株式会社GSTVは、甲府に製造拠点である甲府事業所をつくり、おかげさまで順調に現在まできております。また、この甲府という地域に貢献したいということで、子ども食堂などの活動もしていますが、この度、湯村山のろし台の事業に対しまして寄附させていただきました。地域に貢献するということは、我々GSTVという会社のみならず、全社員の思いでもあります。現在、コロナ渦ということで、子ども食堂などの活動ができていませんが、今後とも、甲府の地でしっかり貢献していきたいと思います。

GSTV-1

GSTV-2

左:今橋代表取締役社長
右:樋口甲府市長

GSTV-3

左から手塚甲府事業所長、今橋代表取締役社長、樋口甲府市長

(令和4年4月8日に実施された受納式の様子です。)

7 寄附のご相談・お申込

 

制度・寄附手続に関するご相談

 制度の内容、寄附をいただくに際しての流れなど、詳しくご説明させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

お問合せ先

 〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号
 甲府市産業部産業総室ふるさと納税課ふるさと納税係
 電話:055-237-5328(直通)
 FAX:055-227-8065
  E-mail:furusaton@city.kofu.lg.jp

寄附のお申込

  次の「寄附の申出書」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、上記「お問合せ先」まで、FAX、電子メール又は郵送によりお申込みください。
 ☆寄附の申出書(PDF:212KB) 

 ☆寄附の申出書(ワード:16KB)

【参考】

 企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)の概要については、内閣府のサイトもご覧ください。
 ☆内閣府のサイトへ(別サイトへリンク)

 甲府市の「ふるさと応援寄附金」(個人向け)のご案内について、次のサイトもご覧ください。
 ☆甲府市ふるさと応援寄附金のご案内

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業総室ふるさと納税課ふるさと納税係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎8階)

電話番号:055-237-5328

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る