更新日:2018年8月1日

ここから本文です。

高額療養費の支給例

ひと月に支払った医療費の一部負担金が自己負担限度額を超えたとき、申請により超えた分を支給します。
(保険診療でないものや入院時の食事代等は、支給の対象外です。)

高額療養費該当パターン

(A)に該当する方はクリック

(B)に該当する方はクリック

(C)に該当する方はクリック

(D)に該当する方はクリック

過去一年間に4回以上高額療養費の支給を受けている方はクリック

1.ひと月に一つの医療機関を受診したとき

(A)【40歳の区分ウの世帯のとき】

高額療養費支給額あ

  1. 自己負担限度額80,100円+(1,000,000-267,000円)×1%=87,430円
  2. 高額療養費支給分300,000円-87,430円=212,570円

※申請により交付する限度額適用認定証(国民健康保険料滞納世帯を除く)を提示すると、一つの医療機関の支払いが自己負担限度額までとなります。また、70~74歳の課税世帯の方は高齢受給者証を提示すると、一つの医療機関の支払いが自己負担限度額までとなります。

 

2.ひと月に複数の医療機関を受診したとき

(1)70~74歳の方

(B)【70歳夫婦の一般世帯で外来だけのとき】

受診者

医療機関等

一部負担金

合算

70歳夫

A病院外来

10,000円

B薬局調剤(A病院外来の処方箋)

10,000円

70歳妻

C病院外来

10,000円

D薬局調剤(C病院外来の処方箋)

5,000円

  • 保険適用内の一部負担金を全て合算できます。
  • 外来だけのときは、夫と妻それぞれで計算します。

〔70歳夫の高額療養費〕

  1. 一部負担金を合算10,000円+10,000円=20,000円
  2. 自己負担限度額12,000円
  3. 高額療養費支給額20,000円-12,000円=8,000円

〔70歳妻の高額療養費〕

  1. 一部負担金を合算10,000円+5,000円=15,000円
  2. 自己負担限度額12,000円
  3. 高額療養費支給額15,000円-12,000円=3,000円

世帯支給額8,000円(夫分)+3,000円(妻分)=11,000円

 

(C)【70歳夫婦の一般世帯で入院があったとき】

受診者

医療機関等

一部負担金

合算

70歳夫

A病院入院

44,400円

A病院外来

10,000円

70歳妻

A病院外来

10,000円

B薬局調剤(A病院外来の処方箋)

5,000円

  • 保険適用内の一部負担金を全て合算できます。
  • 入院があったときは、全て合算して計算します。
  1. 一部負担金を合算44,400円+10,000円+10,000円+5,000円=69,400円
  2. 自己負担限度額44,400円
  3. 高額療養費支給額69,400円-44,400円=25,000円

 

(2)70歳未満の方

(D)【40歳夫婦と70歳父の非課税世帯のとき

受診者

医療機関等

一部負担金

合算

40歳夫

A病院入院

35,400円

A病院外来

10,000円

×

B薬局調剤(A病院外来の処方箋)

10,000円

×

40歳妻

C病院外来

20,000円

D薬局調剤(C病院外来の処方箋)

5,000円

70歳父

A病院外来

10,000円

 

  • 同じ月に複数の医療機関を受診し、医療機関ごとの一部負担金が21,000円を超えるときは合算の対象になります。ただし、入院・外来・歯科は別になります。
  • 処方箋により薬局で調剤をうけたとき、処方元医療機関の外来一部負担金に合算できます。
  • 世帯に70~74歳の方がいるとき、70歳未満の方の一部負担金に合算できます。
  1. 一部負担金を合算35,400円+20,000+5,000円+10,000円=70,400円
  2. 自己負担限度額35,400円
  3. 高額療養費支給額70,400円-35,400円=35,000円

 

3.過去1年間に3回以上高額療養費の支給を受けたとき

過去1年間に3回以上高額療養費の支給を受けているときは、4回目からは次の限度額を超えた分を支給します。

 

 

受診者

所得区分

自己負担限度額

<平成30年8月以降>

自己負担限度額

70~74歳以上の方
(世帯単位のみ)

現役並みⅢ

 44,400円

140,100円

現役並みⅡ

93,000円

現役並みⅠ

44,400円

一般(平成29年8月以降)

70歳未満の方

140,100円

140,100円

 93,000円

93,000円

 44,400円

44,400円

 24,600円

24,600円

 

所得区分について【クリック】

※70歳未満の方は、平成26年12月以前の多数回の限度額は下記の通りとなります。

受診者

所得区分 自己負担限度額

70歳未満の方

上位所得世帯

83,400円

一般世帯

44,400円

非課税世帯

24,600円

 

【非課税世帯の場合】

高額多回数

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市民総室国民健康保険課給付係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5371

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る