ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 史跡武田氏館跡の整備と活用

更新日:2021年3月11日

ここから本文です。

史跡武田氏館跡の整備と活用

史跡武田氏館跡

別名「躑躅が崎館」(つつじがさきやかた)と呼ばれる武田氏館は、永正16年(1519)に武田信虎によって築かれた方形の館です。信虎が最初に築いた館は堀一重の主城郭のみであったと考えられていますが、武田氏の勢力拡大とともに施設も増え、東日本でも最大級の規模を誇る戦国期居館となりました。昭和13年(1938)5月30日、史跡に指定されました。

史跡の整備・活用

史跡武田氏館跡保存管理計画

平成6年(1994)、地元住民のみなさまのご理解とご協力を得て、山梨県を代表する史跡武田氏館跡を開発から守り、将来に向けて保存していくことを目的に計画を定めています。

史跡武田氏館跡整備事業

平成19年(2007)から史跡武田氏館跡の整備事業を継続しています。これまで大手門東一帯を史跡公園として整備したほか、西曲輪の南北虎口を往時の姿に修復し、館の顕在化を進めてきました。さらに活用拠点として信玄ミュージアム(甲府市武田氏館跡歴史館)が開館し、史跡の周知や賑わいの創出を図っています。今後も梅翁(ばいおう)曲輪松木堀の土塁修復工事のほか、西曲輪・北馬出の整備、北側各曲輪の環境整備を実施し、館構造のさらなる顕在化や史跡全域と城下への回遊の創出を進めます。

史跡武田氏館跡公有地化事業

昭和45年(1970)から段階的に、史跡武田氏館跡の保存・活用・整備を図るため、史跡公園とする地域を対象に土地の買い上げを行っています。すでに公有地化した土地は一部整備工事を実施し、市民のみなさまに活用いただいています。

「信玄公生誕500年」をむかえて

令和元年は「こうふ開府500年」、令和2年は「要害城築城500年」、そして、令和3年(2021)は「信玄公生誕500年」です。この歴史的な節目を市民のみなさまとお祝いするとともに、甲府開創の礎である武田氏館を拠点に、本市の魅力を再発見し、今以上に郷土への愛着と誇りをもつことを目指し、引き続き、整備を進めます。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

生涯学習室歴史文化財課文化財保護係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎9階)

電話番号:055-223-7324

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る