ホーム > まち・環境 > 環境 > 環境施策 > 特定工場における公害防止組織の整備に関する法律(法律の概要・届出様式)

更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

特定工場における公害防止組織の整備に関する法律
(法律の概要・届出様式)

特定工場における公害防止組織の整備に関する法律は、公害防止統括者等の制度を設けることにより、特定工場における公害防止組織の整備を図り、公害の防止に資することを目的として、昭和46年に施行された法律です。

1.公害防止組織の整備に係る制度

  • 法第3条(公害防止統括者の選任)
    特定工場を設置している者は、公害防止に関する業務を統括管理する者を選任し、30日以内に市長に届け出なければなりません。
    公害防止統括者を解任・死亡の場合も同様に届け出が必要です。
    特定工場(PDF:74KB)…法第2条に定める工場
  • 法第4条(公害防止管理者の選任)
    特定工場を設置している者は、公害防止に関する業務を統括管理する者を選任し、30日以内に市長に届け出なければなりません。
    公害防止管理者を解任・死亡の場合も同様に届け出が必要です。
  • 法第5条(公害防止主任管理者の選任)
    特定工場が要件に該当するときは、公害防止統括者を補佐し公害防止管理者を指揮する、公害防止主任管理者を選任し、30日以内に市長に届け出なければなりません。
    公害防止主任管理者を解任・死亡の場合も同様に届け出が必要です。
  • 法第6条(代理者の選任)
    特定工場を設置している者は、公害防止統括者・公害防止管理者・公害防止主任管理者が旅行等で職務を行うことができない場合、代理者を選任しなければなりません。
  • 法第6条の2(承継)
    届出をした事業者を相続・合併により承継した者は、遅延なく市長届出なければなりません。

2.届出様式

 

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境総室環境保全課公害係

〒400-0831 甲府市上町601番地4

電話番号:055-241-4312

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る