ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療・衛生 > 食品衛生 > 食中毒 > 有毒植物の食中毒の防止について

更新日:2021年10月26日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

有毒植物の食中毒の防止について

クワズイモ

食用のサトイモ(里芋)とよく似た「クワズイモ」を誤食し、摂食後すぐに、口のしびれ、悪心、嘔吐などの中毒症状が現れる事例が報告されています。この中毒症状は、針状結晶のシュウ酸カルシウムによるものとされています。

食用と確実に判断できない植物は、絶対に食べないでください。

シュウ酸カルシウム自体は、アクの成分でもあり、食用のサトイモにも含まれています。

サトイモの個体差(乾燥気味)や調理方法(アクの除去)によっては、食用のサトイモでも同様の症状が現れることがあります。

サトイモのアクの成分を取り除く方法は、農林水産省ホームページ「さといもの煮物を食べたら・・・」を参照してください。

 

自然毒のリスクプロファイル(クワズイモ)(厚生労働省ホームページ)(別サイトへリンク)

さといもの煮物を食べたら喉に刺すような痛みを感じたのですが、どうしてですか。(農林水産省ホームページ)(別サイトへリンク)

 

その他、野菜や山菜に似た有毒植物の誤食による食中毒を防止するための情報が、農林水産省等のウェブサイトへ掲載されていますのでお知らせします。

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

保健衛生室生活衛生薬務課生活衛生薬務係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(健康支援センター2号館2階)

電話番号:055-237-2550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る