ホーム > 産業・ビジネス > 農業 > 甲府ブランド認定制度(農林産物部門)について

更新日:2016年6月17日

ここから本文です。

甲府ブランド認定制度(農林産物部門)について

甲府市には、恵まれた気候風土と生産者の努力により、世界に誇りうる品質の農林産物があります。特に果物は、有名で、系統出荷体制の中、光センサー糖度計測器により厳格に品質管理されたぶどう、桃、李などの逸品(特選)のほか、個人出荷の農家においても、卓越した熟練の技術により生み出される逸品があります(巧)。また、甲府にしかない伝承的、または、甲府で作出された農林産物(伝承)や、産地化され、市場評価も高く、既に全国で広く取引されているもの(特産)。更には、集落営農等により地域振興に直結した取組により生まれた優れた農林産物(振興)もあります。これら甲府市が誇れる、優れた農林産物を、特選、巧、伝承、特産、振興のそれぞれのカテゴリーに分類し、甲府市が認定し、その情報を広く全国、世界に発信してまいります。

ロゴマーク

rogo

 

既存のロゴマークをテイストに、認定されたカテゴリーを表す部分を、生産者と消費者を

「結びつける」という意味を持つリボンで装いました。

 

 

                      特選は、至高の逸品
                      巧は、熟練の技の逸品
                      伝承は、甲府にしかない又は伝承的農林産物
                      特産は、産地化され、市場評価に特に優れた農林産物
                      振興は、地域振興に直結した農林産物

 

 

甲府市の恵まれた気候風土と生産者の努力が育んだ逸品をロゴマークに載せて

 

認定品の紹介

 
特選第1号:シャインマスカット  

 syainnmasu

お問い合わせ先

甲府市農業協同組合果実部

Tel055-223-9609

シャインマスカットは、安芸津21号(スチューベン×マスカットオブアレキサンドリア)に甲府生まれの白南(カッタクルガン×甲斐路)を交配してできた、姿、香り、食感、食味全てが親の良いとこ取りの品種です。特長は、マスカット香漂う翡翠のような緑黄色で、肉質はシャキッとした歯ごたえに食べ応えのある粒の大きさは一粒15g以上にもなります。甘みが強く種がないため皮ごと食べられます。甲府市の農家が丹精込めて作った宝石の様な美しい美味しいぶどうを是非ご賞味ください。

 
平成28年6月7日認定品

県下に誇る産地である甲府市のスイートコーンは、北は北海道から南は大阪まで出荷され、多くの市場で高い評価を頂いています。甲府盆地特有の昼夜の温度差、長い日照時間、肥沃な土壌などの恵まれた気候風土と農家の愛情が育んだ甲府市のスイートコーン3品種を平成28年6月7日に認定しましたので紹介します。

特産第4号:ミルフィーユ  

mitu

お問い合わせ先

甲府市農業協同組合蔬菜部

Tel055-223-9609

黄色と白色のコントラストが美しく、ケーキのミルフィーユをイメージさせることから、JA甲府市の営農販売課の職員に名づけられました。実はボリュームがあり、弾けそうな一粒一粒が先端までびっしり詰まっています。甘味は強く、コクがあり、フルーティーな香りで女性に人気の品種です。パティシエ(農家)の愛情たっぷりに育てられた、太陽と大地の恵みのスイーツです。

特産第5号:しあわせコーン  

sia

お問い合わせ先

甲府市農業協同組合蔬菜部

Tel055-223-9609

こちらも、黄色と白色のコントラストが美しいバイカラー品種のスイートコーンです。このスイートコーンの特長は、何と言ってもその甘味です。一般的なメロンの平均糖度が16度なのに対し、しあわせコーンは何と19度にもなります。なおかつ、その糖度が長持ちすること、さらに粒が柔らか過ぎないことから水分が保たれ、萎びにくいので、お店に並んでも美味しさはそのままです。甲府のスイートコーンの美味しさが、食べた人を幸せにします。
特産第6号:きみひめ  

kimi

お問い合わせ先

一般社団法人中道農産物加工直売組合

Tel055-266-3585

こちらのスイートコーンは、平成16年から甲府市の中道地区だけで作られてきた品種で、黄色一色のつやつやの美しいスイートコーンです。強い甘味と果皮の柔らかさのバランスがとても良く、甘さが口の中で広がっていきます。粒々感が際立ち、先端まで光沢のある実がギッシリ詰まっています。もし可能であれば、畑の穫れたてを生で味わってみてください。
po

甲府市のお薦め冷製スイートコーンポタージュレシピ

1玉葱をバターで飴色に炒め、そこに解したコーンを入れ火を通す

2火が通ったら水をひたひたに入れ、スイートコーンの芯、コンソメを加え煮込む

3芯を取り除き、冷ましてからミキサーにかけ(お好みで裏漉し)冷蔵庫で冷やす

4牛乳で溶き、生クリームを加え、お好みで胡椒を振って完成

   
平成28年2月19日認定品  
特産第1号:甲州地どり  

kousyujidori

お問い合わせ先

農事組合法人甲州地どり生産組合

Tel055-222-0032

高品質、美味しい鶏肉を目標に、雄は山梨県畜産試験場で改良したシャモを、雌は国が改良した白色ロックを交配して生み出される一代限りの地どりで、通常55日の飼育日数を120日かけ、じっくり育てられています。広い放飼場で太陽をしっかりと浴び、土の上を飛び回り、草を食べ、小石をついばみ、ストレスなく健康に育てられた甲州地どりは、繊維が細かく、肉がよく締まり、コクのある味わいとなっています。本来の鶏の美味しさを味わってみてください。

jidori

 

 

特産第2号:甲州信玄豚  

sinngennbuta

お問い合わせ先

オオタ総合食品株式会社

Tel055-230-8100

上質な肉にするため、飼料の配合から豚舎の環境まで、とことんこだわって飼育をしています。豚舎の衛生環境づくりを徹底することで、豚はすくすくと育ち、免疫力も向上し余計な投薬を必要としない、健康な豚に育ちました。また、飼料に山梨県産の飼料米や16穀やパン粉を配合することで、肉質はきめ細かく、甘みのあるさっぱりとした脂肪になりました。このことは、科学的な分析により、一般の豚に比べ、オレイン酸が多く含まれているという結果が出ています。オレイン酸は、脂肪を甘くするのとともに、動脈硬化や高血圧などの成人病予防・改善にも良いと言われています。

kakisima

生産者の柿嶋さん

 

syabusyabu

写真は、甲州信玄豚とちぢみほうれんそうのしゃぶしゃぶです。一度ご賞味ください

特産第3号:ちぢみほうれんそう  

tidimi

お問い合わせ先

一般社団法人中道農産物加工直売組合

Tel055-266-3585

 

 

冬場の葉物がない時期の貴重な野菜として、早くから中道地区の農家が栽培に取り組んできました。ちぢみほうれんそうは、葉が縮れており、別名「ちりめんほうれんそう」とも言われ、通常のホウレンソウより葉肉は厚く、茎や根の部分も太く、色も濃くなっています。ほうれんそうは、冬場の寒さにあたると凍結するのを避けるため、葉が締まって肉厚になり、うまみや甘みが増します。中道のちぢみほうれんそうは、甲府盆地の厳しい寒さが、この特徴をいっそう引き立てています。(収穫期:12月から3月)
伝承第1号:くいしき味噌  

miso

問い合わせ先

農事組合法人上九ふれあいの里

Tel0555-88-2138

くいしき味噌の主原料である大豆は、古くから上九一色地区に伝わる青大豆で、この地区の農家が大事に守り育て、引き継いできたものです。上九の美味しい水、王岳からの湧水で煮込んだ青大豆は、通常の大豆よりも甘く、脂肪分が少ないことからエグミがなく、粘り気があり、まろやかな味わいとなっています。この伝承された青大豆で作る味噌は、大豆の栽培、脱穀、選別、煮込み、すり潰し、樽詰め、全てが手作業で手間ひまかけて作られています。だからこそ仕込み加減も、大豆の出来具合に合わせ、自在に対応できる伝承の技の逸品でもあります。

misosiru

   

 

認証基準について

農林産物部門の認定基準については、産地、品質、販路、安全安心、甲府らしさについて基準を満たしているか審査をします。詳しい基準については、甲府ブランド認定審査基準(農林産物部門)(ワード:41KB)及び品目・品種ごとの基準をご覧ください。詳しくは、農政課にお問い合わせください。

 

認定申請について

認定申請については、甲府ブランド認定申請書及び事業計画書により申請ください。書き方等の詳しいことは農政課にお問い合わせください。

産業部農林振興室農政課Tel055-298-4834

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

農林振興室農政課振興係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎8階)

電話番号:055-298-4834

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る