ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠 > 山梨県不妊検査費・不育症検査費助成事業

更新日:2019年8月1日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

山梨県不妊検査費・不育症検査費助成事業

山梨県不妊検査費・不育症検査費の助成事業が始まりました

令和元年7月1日以降に実施した不妊検査・不育症検査に対する助成事業が山梨県で始まりました。

甲府市にお住まいの方は、令和元年8月1日から甲府市健康支援センター内の母子保健課で申請を受け付けます。

※甲府市外にお住まいの方については、お住まいの住所地を管轄する保健所に申請してください。

山梨県:不妊検査費・不育症検査費助成事業(別サイトへリンク)

助成範囲及び金額

令和元年7月1日以降に、保険医療機関にて実施した不妊検査・不育症検査にかかる費用について、

2万円を限度に助成します。(保険適用の有無は問いません。)

夫婦両方で受けた検査、夫婦の一方のみが受けた検査のどちらも助成対象です。

不妊治療または不育症治療の効果を確認するための検査など、治療の一環として行われる検査は助成対象外です。

※保険医療機関とは保険診療を行う病院・診療所です。

助成対象要件

(1)申請日現在、夫婦の一方、又は双方の住所が山梨県内にあること

(2)申請日現在、法律上の婚姻をしている夫婦であること

(3)検査開始日における妻の年齢が43歳未満であること

(4)申請日の前年(1月から5月までの申請日については前々年)の夫婦合算の所得額が730万円未満であること

※不育症検査の場合のみ、上記の要件に加え、次のいずれかに該当することが必要です。

1.妻に2回以上の流産もしくは死産、または早期新生児死亡の既往があること

2.医師に不育症の疑いと診断されること

※早期新生児死亡とは生後1週未満の死亡を指します。

助成の対象となる期間

夫または妻の検査開始日のいずれか早い日から1年以内の検査費用が対象です。

検査が1年を超えて継続する場合は、検査開始日から1年を経過した日までの検査費用が対象となります。

助成回数

夫婦1組につき、不妊検査及び不育症検査それぞれ1回限り

1回助成を受けた後に再度申請しても助成できませんので、夫婦で一連の検査を受ける場合や検査が複数回に及ぶ場合はまとめて申請してください。

申請時必要書類

(1)不妊検査費・不育症検査費助成申請書(PDF:130KB) 【記入例】(PDF:91KB)

(2)不妊検査費・不育症検査費助成事業受診等証明書(PDF:159KB)

(3)住民基本台帳及び所得課税状況確認のための同意書(PDF:54KB)

(4)住民票の写し

※夫婦のどちらか片方が甲府市外に住んでいる場合のみ。

(5)戸籍謄本(原本)又は在留カード・特別永住者証明書の写し(申請日から3か月以内に発行されたもの)

※別居している等、住民票の続柄(世帯主及び「夫又は妻」)で婚姻関係が確認できない場合のみ。

(6)課税証明書又は住民税額決定通知書の写し

※申請月が1~5月の場合は前年の、6~12月の場合は今年の1月1日に甲府市に住民票がない方のみ。

(4)~(6)については、申請者の同意をもとに甲府市で確認できる場合は省略することができます。詳しくはお問合せください。

申請期限

1.検査終了日または検査開始から1年を経過した日が4~12月の場合

「検査が終了した日」または「検査開始日から1年を経過した日」のいずれか早い日から3か月以内の申請をお願いします。3か月以内の申請が難しい方は、必ず母子保健課にご相談ください。

2.検査終了日または検査開始から1年を経過した日が1~3月の場合

年度の末日(3月31日または31日が土日の場合は直前の金曜日)が申請期限となります。

※検査終了日または検査開始から1年を経過した日が1~3月の場合の特例

検査終了日または検査開始から1年を経過した日が1~3月の場合、受診医療機関が記入する「不妊検査費・不育症検査費助成事業受診等証明書」(以下「受診等証明書」という。)の発行が遅れているため、3月31日まで(当該年度内まで)に申請書等が提出できない場合は、同年の4月15日(15日が土日の場合は直前の金曜日)までの期間に限り申請が可能です。

この場合、次の(1)及び(2)の2つを満たすことを条件として、3月31日までに申請があったものとみなすことができます。

(1)受診等証明書以外の書類を全て揃え、3月31日までに申請すること。この際、「受診等証明書は、受診医療機関に申請中のため、4月15日までに必ず提出します」という文書を添付すること。(様式・書式は問いません)
(2)申請後、受診医療機関から発行された「受診等証明書」を4月15日までに提出すること。

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども未来総室母子保健課母子保健係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(南庁舎2号館1階)

電話番号:055-237-8950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る