更新日:2019年3月29日

ここから本文です。

大学連携

甲府市は、地域の大学、短期大学と包括的かつ永続的な連携のもと、豊かで活力ある地域社会の形成と地域の振興を図り、相互の発展を目指すため、包括的連携協定を締結しています。
この包括的連携協定をもとに、大学との緊密な連携協力を通じた事業展開を図り、住民福祉の増進と個性的で魅力的な地域社会の形成を目指して取組みを進めています。

山梨大学との包括的連携協定(締結日:2005年10月7日)

2005年(平成17年)10月7日、甲府市役所において、「甲府市と国立大学法人山梨大学との包括的連携に関する協定」を締結しました。
協定締結後、宮島雅展甲府市長が「山梨大学と連携・協力しながら、相互の発展を目指した事業展開を図っていきたい。」とあいさつし、山梨大学の貫井英明学長からは「法人となった大学にとって地域貢献は重要。甲府市とこのような協定を締結することができ、大変嬉しく思う。今後更なる協力関係の強化を図っていきたい。」との抱負が述べられました。
今後の具体的な内容については、双方で協議しながら進めていきます。

山梨県立大学との包括的連携協定(締結日:2010年4月14日)

2010年(平成22年)4月14日、甲府市役所において、「甲府市と公立大学法人山梨県立大学との包括的連携に関する協定」を締結しました。
協定締結後、宮島雅展甲府市長が「大学の知的資源と甲府市の資源を生かし、新たな魅力を創出していきたい」とあいさつし、山梨県立大の伊藤洋学長は「相互の役割を生かして連携し、市の発展に尽くしたい」と話しました。
今後の具体的な内容については、双方で協議しながら進めていきます。

山梨県立大学2山梨県立大学1

協定書に署名し、握手を交わす宮島雅展甲府市長と山梨県立大の伊藤洋学長(左)

山梨学院大学・山梨学院短期大学との包括的連携協定(締結日:2018年1月31日)

2018年(平成30年)1月31日、山梨学院大学において、「甲府市と山梨学院大学及び山梨学院短期大学との包括的連携に関する協定」を締結しました。
樋口雄一甲府市長は「緊密で組織的な連携体制を構築し、住民福祉の増進や魅力的な地域社会を形成したい」とあいさつし、山梨学院大学の古屋学長は「こうふ開府500年や山の日のイベントにも協力し、地域の大学としてのアイデンティティーを確立したい」、山梨学院短期大学の山内学長は「専門職の養成機関として、食や児童福祉、教育の分野で甲府市と連携を強めたい」と話しました。
今後の具体的な内容については、双方で協議しながら進めていきます。

山梨学院1山梨学院2

協定書に署名し、握手を交わす樋口甲府市長と山梨学院大学の古屋学長(左)、山梨学院短期大学の山内学長(右)

 

山梨英和大学との包括的連携協定(締結日:2019年3月25日)

2019年(平成31年)3月25日、甲府市役所において、「甲府市と山梨英和大学との包括的連携に関する協定」を締結しました。
樋口雄一甲府市長は「個性的で魅力的な甲府らしい地域づくりに繋がるよう、これまで以上にお力添えをいただきたい」とあいさつしました。山梨英和大学の菊野学長は「小規模の大学としての利点を生かし、地域社会に貢献していきたい」と話しました。
今後の具体的な内容については、双方で協議して進めていきます。

英和連携英和2

(左写真)協定書に署名し、握手を交わす樋口甲府市長と山梨英和大学の菊野学長(右)
(右写真)甲府市・山梨英和大学:全体写真

帝京科学大学との協定(締結日:2017年3月14日)

甲府市と学校法人帝京科学大学は、遊亀公園付属動物園における教育普及活動及び研究活動について、協定を締結しました。

遊亀公園・附属動物園の整備について【リンク】

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

企画総室企画課企画係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎6階)

電話番号:055-237-5289

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る