ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療・衛生 > 健康づくり > 糖尿病リスクチェック(簡易血糖検査)を受けてみませんか?→終了しました

更新日:2023年12月1日

ここから本文です。

糖尿病リスクチェック(簡易血糖検査)を受けてみませんか?→終了しました

国民健康保健加入者の健診の結果によると、甲府市民は全国や山グラフ1梨県と比べ、血糖値が高い方、高めの方が多く見られます。
糖尿病や高血糖状態を放置すると、網膜症や腎症・神経障害など様々な合併症をや新実感、脳血管疾患なども引き起こします。
血糖値は高くても自覚症状がありません。
糖尿病予防は、日頃からまた若いうちから食事や運動などに注意することが大切です。
まずは、糖尿病リスクチェックで血糖値を確認しませんか?

糖尿病リスクチェックとは

指先から血液を少し採取するHbA1cの簡易血糖検査で、過去1~2か月の血糖の状態を知ることができます。
所要時間は30分くらいです。
※糖尿病リスクチェックは健康診断の代わりになるものではありません。

対象者

次のすべてに当てはまる方

  • 糖尿病や血糖値に関心がある20〜65歳の甲府市民
  • 糖尿病の治療中や経過観察中ではない
  • 出血性疾患の治療や抗血栓薬の内服をしていない
  • 自分で血液採取ができる

※服薬内容や出血性疾患の既往等により検査できない場合があります。

実施日程・会場→終了しました

日時:令和5年11月12日(日曜日)9時30分〜12時00分、13時30分〜16時00分

会場:甲府市保健センター

申込方法等

費用:無料

申込方法:平日の8時30分から17時15分の間に電話で

申込先:地域保健課

電話番号:055-237-2505

完全予約制で行いますので、必ず事前に電話でお申し込みください。
お子様をお連れいただくこともできます。申込時にご相談ください。

採血方法

ご自身で以下のことをしていただきます。専門職が手順を説明します。血糖検査

  1. 指先を消毒する
  2. 細い針で指先を刺す
  3. 指先から出た血液を検査キットで吸いとり、トレーに置く
  4. 傷口に絆創膏を貼る

その後、機械にかけて結果を待ちます。

世界糖尿病デー、全国糖尿病週間

11月14日は世界糖尿病デー(別サイトへリンク)

11月14日を含む11月12日(日曜日)~11月18日(土曜日)は全国糖尿病週間です。

毎年11月14日は「世界糖尿病デー」として、国連により公式に認定されています。この日を中心に、糖尿病啓発キャンペーンが、全世界で繰り広げられています。日本では、「全国糖尿病週間」として、全国各地で啓発活動を行われています。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

健康支援室地域保健課保健予防係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(健康支援センター2号館1階)

電話番号:055-237-2505

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る