更新日:2022年3月17日

ここから本文です。

葬祭費

後期高齢者医療制度の被保険者が死亡したときは、その葬祭を行なった方(葬祭執行者)に対し葬祭費5万円が支給されます。

※献体として扱われ、葬祭を行わない場合には支給対象となりません。

※葬祭日から2年を過ぎますと時効が成立し、払い戻しができなくなりますので、ご注意ください。

申請に必要なもの

葬祭を行ったことがわかる書類(会葬礼状・葬儀店などの領収書)
・死亡した方の被保険者証(すでに資格喪失手続き済みの方は不要です)
・葬祭執行者の印鑑(朱肉を使うもの)
・葬祭執行者の預金口座が分かるもの
・届出者の身分証明書

※葬祭を行ったことがわかる書類は、死亡者・葬祭執行者・葬儀日が確認できるものをご持参ください。

※葬祭執行者以外の口座への振込みの場合は、委任状が必要になります。

※葬祭執行者が2人以上いる場合、代表者1名を決めていただき、代表者であることの誓約書を添付してください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

保険経営室健康保険課後期医療係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る