ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 市政運営 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

更新日:2017年7月21日

ここから本文です。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

マイナちゃん横

証明書のコンビニ交付が始まります!

マイナンバー(個人番号)カードについて

マイナンバー(個人番号)カードの申請方法について

マイナンバー(個人番号)カードの受け取り方法について

マイナンバーカード(個人番号カード)の交付について

(※日曜窓口は対応しておりません。平日お越しください。)

平成28年1月から、一部の申請書などにマイナンバーの記入が必要になります。

甲府市では平成27年11月より通知されました。

利用方法などをわかりやすく説明します。

公表している評価書の確認ができます。

事業所の方はこちらをご覧ください。

詳しくは国コールセンターまでお問い合わせください。

マイナンバー(社会保障・税番号)制度についてご説明します。

番号制度が始まると、こうなります。

個人情報の保護などの安全性を説明します。

 公表している独自利用申請書の確認ができます。

随時、更新されています。

 

 

通知カード・個人番号カードの交付については市民課窓口へ


【通知カード・個人番号カード交付窓口】午前8時30分~午後4時30分頃(平日のみ)

【通知カード受取対象者】
本人及び住民登録上の同一世帯の方
【必要書類】簡易書留ご不在連絡票(ピンク色のマイナンバー専用)
受け取りに来庁した方の本人確認書類(免許証・住基カードなどの顔写真付のもの)
※代理人が受け取りに来られる場合は事前にお問い合わせください。

※個人番号カードの交付については、送付した「甲府市からのお知らせ」をご確認ください。

甲府市マイナンバー専用ダイヤル:055-223-7332(平日のみ午前8時30分~午後5時15分)
※日曜窓口でのお問い合わせ対応は行っておりません。

※恐れ入りますが、つながりにくい場合は、ページ下部にあります国のコールセンターもご利用ください。

 「社会保障・税番号制度」とは

社会保障・税番号制度は、社会保障と税の各制度における効率性、透明性の向上を図り、給付や負担の公平性を確保するとともに、国民の利便性の向上を図ることが可能となる社会的基盤(インフラ)とされています。

番号制度の導入により、より正確な所得把握が可能となり、社会保障・税の給付と負担の公平性が図られ、より公平・公正な社会を実現することが期待されています。また、社会保障・税にかかる各種行政事務の効率化が図られ、行政に過誤や無駄をなくすことなども期待されております。

 個人番号(マイナンバー)の通知

甲府市では平成27年11月、市民一人ひとりに12桁の個人番号が付番され、通知カードによって通知されました。

通知カードを受け取った方は、同封された申請書を郵送すること等により、平成28年1月から写真付きの個人番号カードの交付を受けることができます。個人番号カードは本人確認のための身分証明書としてご利用いただけます。(平成28年1月以降、新規の住民基本台帳カードの発行は行いませんが、発行済みの住民基本台帳カードは有効期限まで使用可能です)

 マイナンバー利用の効果

(1)公平・公正な社会の実現

所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うことができます。

(2)行政の効率化

行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合。転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。

(3)市民の利便性の向上

添付書類の削減など、行政手続きが簡素化され、市民の負担が軽減されます。行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできます。

 個人向けマイナンバー動画

広報用動画「マイナンバー社会保障・税番号制度が始まります」<個人向け編>です。
マイナンバー制度の概要やメリット、安心・安全な仕組みなどを分かりやすくお伝えします。

政府インターネットテレビ「個人向けマイナンバー動画」(約15分)(別サイトへリンク)

動画及び資料のダウンロード(別サイトへリンク)

 安心・安全の仕組み

マイナンバー制度の安心・安全を確保するため、制度面とシステム面の両方から個人情報保護の措置を講じています。

制度面

法律に定めがある場合を除き、マイナンバーの収集・保管を禁止しています。
なりすまし防止のため、マイナンバーを収集する際には本人確認が義務付けられています。
マイナンバーが適切に管理されているかを、個人情報保護委員会という第三者機関が監視・監督します。
法律に違反した場合の罰則を、従来に比べて強化しています。

システム面

個人情報は従来どおり、年金の情報は年金事務所、税の情報は税務署といったように分散して管理します。分散管理することで、芋づる式の情報漏えいを防ぎます。
行政機関間での情報のやりとりは、マイナンバーを直接使いません。
システムにアクセス可能な者を制限・管理し、通信する場合は暗号化します。
平成29年秋頃から、「情報提供等記録開示システム」が稼動予定です。マイナンバーを含む自分の個人情報をいつ、誰が、なぜ提供したのか、不正・不適切な照会・提供が行われていないかをご自身で確認することが可能になります。

 マイナンバー関連リンク

内閣官房(別サイトへリンク)

マイナンバーカード総合サイト(別サイトへリンク)

個人情報保護委員会(別サイトへリンク)

政府広報オンライン(マイナンバー特集ページ)(別サイトへリンク)

厚生労働省(マイナンバー特設ページ)(別サイトへリンク)

国税庁(マイナンバー特設ページ)(別サイトへリンク)

※事業所向けのページはこちら

 国のコールセンター

国は、一般の方からのお問い合わせに対応するため、マイナンバーのコールセンターを開設しています。
ご不明の点などがございましたらご利用ください。

マイナンバー総合フリーダイヤル
0120-95-0178(無料)
「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。
【対応時間】
平日 午前9時30分~午後10時00分
土日祝 午前9時30分~午後5時30分
 (年末年始を除く)
英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
マイナンバー制度に関すること:0120-0178-26
「通知カード」「個人番号カード」に関すること:0120-0178-27
(英語以外の言語については、平日午前9時30分~午後8時00分までの対応となります。)

マイナンバーコールセンター(マイナンバー制度のお問い合わせ)
【電話番号】
日本語窓口:0570-20-0178<全国共通ナビダイヤル>
外国語窓口:0570-20-0291<全国共通ナビダイヤル>※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応

【対応時間】
平日 午前9時30分~午後10時00分
土日祝 午前9時30分~午後5時30分
(年末年始を除く)

個人番号カードコールセンター(カードに関するお問い合わせ)
【電話番号】
日本語窓口:0570-783-578<全国共通ナビダイヤル>
外国語窓口:0570-064-738<全国共通ナビダイヤル>※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応

【対応時間】
平日 午前9時30分~午後10時00分
土日祝 午前9時30分~午後5時30分
(年末年始を除く)
※個人番号カードの一時利用停止については24時間365日受け付けます。

個人情報保護委員会 苦情相談窓口(特定個人情報の取扱いに関する苦情相談)
【電話番号】
03-6457-9585

【対応時間】
平日 午前9時30分~午後5時30分
(土日祝日及び年末年始を除く)

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

総務総室情報課情報係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎6階)

電話番号:055-237-5214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る