更新日:2016年8月26日

ここから本文です。

武田信玄公の銅像

信玄公像は、武田信玄公奉賛会が信玄公の遺徳をしのび、県民の気運を高揚することを目的に、県内外の有志1,080人から集めた浄財で建設しました。
昭和43年4月8日に建設を開始、翌年4月12日(信玄公の命日)に完成し、甲府に寄付されました。当時の設置場所は、かつて、甲府駅前にあった噴水の南側でしたが、甲府駅前広場の整備に伴い、昭和60年11月に現在の場所に移設されました。



画像:甲府駅前に建設された武田信玄公像(彫刻者:宮地寅彦さん・重さ:5,000kg・台座の素材:塩山御影石)

 

設置当時は、映画「風林火山」や大河ドラマ「天と地と」などによる空前の「戦国武将ブーム」。
像の除幕式の日に開催された信玄公祭りには、県内外から15万人もの観光客が訪れたそうです。

像は川中島の戦いの陣中における姿を模したもので、右手に軍配、左手には数珠を持ち、床几(しょうぎ)※1にどっかりと腰をおろしています。戦国時代に精鋭を誇った甲州軍団を思うがままにあやつった、名将にふさわしい堂々とした様子がうかがえます。

毎年12月には信玄公像の大掃除が行われます。

※1床几…陣中や狩場などで使う、足の交差した腰掛

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る