ホーム > 仕事 > 女性の起業支援 > 女性のための起業等セミナー「Can-Pass(キャンパス)」第2回目を開催しました

更新日:2019年12月2日

ここから本文です。

DAY2「価値を考える」

2019年10月31日(木曜日)10時00分~12時30分
甲府市役所 南庁舎 1号館 3F 会議室 

20191031-1

1. チェックイン

今日の講座に入っていくための準備として、1人一言ずつお話していただきました。
様々な質問が書いてある”チェックインカード”というものを使い、「今日の会であなたが大切にしたいことはなんですか?」「他の人が心地よくいるためにどのようなことをしますか?」といったことも話していただきました。

ゲストトーク

少し先を歩いている先輩起業家の体験談や工夫しているところを聞き、自分自身の事業・活動に活かせるヒントを持ちかえる。
そんなことを目指し、今回の講座はLINKwith&Co(リンクウィズ)の宮下久美子さんをお呼びし、これまでの取り組みやこれからの展望などをお話いただきました。

「子どもと一緒にいながら、私と社会がつながる場が欲しかった」
そんな思いで在宅ワークの仲介を始めた宮下さん。
様々な理由で働くのが難しいワーカーさんたちに、在宅でできる仕事やみんなで顔を合わせながら作業できるコワーキングなどを提供し、ワーカーさんたちと仕事と社会をつなぐ取り組みをされています。
 20191031-2

3. グループワーク

宮下さんのお話を聞いた後は、LINKwith&Coの顧客ってどんな人なんだろう?その顧客にどんな活動やサービスを提供している?を参加者の皆さんと整理しました。
「働くのが難しい…」というワーカーさんたちの困りごとはなに?
そのワーカーさんたちにどんなサービスを提供して、どんな価値を生み出しているのか?
を考えながら、事業や活動の「価値」と「サービス」の関係について考えていただきました。

また、後半には参加者の皆さんでグループを作ってもらい、LINKwith&Coでこんなサービスをしてみたらどうかな?というアイデアを出していただきました。
みんなでアイデアを出す中で、様々な視点からアイデアが広がっていくことが体感できたかなと思います。
20191031-3

 4. チェックアウト

今日の講座をふりかえり、(1)24時間以内にやること。(2)次回の講座までにやること。の2点をポストイットに書いて参加者の皆さん同士で発表してもらいました。

参加者の皆さんの様子

「どうやってワーカーさんたちとつながったのか?」「企業から仕事をもらう足掛かりは?」「他の在宅ワークを提供する事業との差別化はどうやってる?」など、宮下さんのお話を聞いて、参加者の皆さんからもいろんな質問が出てきました。

同じような事業内容でも、助けたいと思う顧客像や提供したい価値によって伝える相手や伝え方が変わるはず。
宮下さんのお話をきっかけに、そんなことも知っていただけていたら幸いです。

また、グループワークの後半で、LINKwith&Coでこんなサービスをしてみたらどうかな?というアイデア出しをしていただきました。
自分だけで自分の事業や活動のことを考えていると、どうしても煮詰まってしまうこともあります。でも他人の事業・活動にアドバイスをするとなると結構たくさん出てくる。
だからこそ、いろんな人に話してアドバイスをもらうことで、様々な視点からアイデアが広がる。
ぜひこのセミナーで様々な背景を持つ方々と繋がっていただき、今後もお互いにアドバイスしあえる関係を続けていただけたら嬉しいです。

 20191031-4